病院経営特化サービス

病院経営特化サービス

超高齢化時代を迎えて医療を取り巻く環境が大きく変化する中、病院は生き残りを賭けて将来の経営ビジョンを確立し、その実現に向けて戦略を練り直し、組織を束ねて、あらゆる局面において適時適切な運営をしなければなりません。

社会保障財政の緊縮化により診療報酬が厳しく抑制される中、診療さえ続ければ病院経営の収支が見合うような時代は過去のものとなりました。以前は「今、現在の」病院を「運営」できていれば、それで良かったわけですが、現在は「来るべき将来」のビジョンを掲げて、その実現に向かって「仕掛ける経営」ができなければ、やがては淘汰されてしまう時代に入りました。病院経営の本質は「自院が地域から期待された果たすべき役割を確実にこなすことを徹底的に考えて実行する」ことに尽きると思います。病院がこの役割を果たすうえでは安定した経営体制が必要となり、そのためには診療業務と経営管理業務を両輪で回していかなければなりません。

一方、医療の世界には「患者優先」「医療の質の向上」「地域医療への貢献」などの尊い理念や価値観が見られ、個々の医療機関のカルチャーに拠り所となっており、一般企業などが組織構築を見直す際には大変学ぶべき点も多く見受けられます。医師や看護師をはじめとする多くの医療従事者は高いプロ意識を持った専門職であり、苦しむ患者が目の前に居れば何はさておき治療行為に取り掛かる本能と能力を兼ね備える崇高な職業人なのです。

このような個人の素晴らしい属人能力を束ねてビジョン実現に向けて正しいマネジメントができれば、医療機関には優良民間企業をはるかに凌ぐほどの高度なビジョン経営が実現する潜在性が存在しています。病院を取り巻く経営環境は今後ますます厳しさを増す方向にありますが、弊社では病院経営の特殊性にも十分配慮しつつ一般企業の経営ノウハウも活用しながら、主に下記の領域に関して新時代の病院経営をサポートいたします。

経営診断・経営改善の提案

経営戦略・事業計画の策定

増収策・費用適正化の提案

人事評価・賃金制度の構築

PAGE TOP