経営戦略・事業計画の策定

経営戦略・事業計画の策定

将来にわたって何をすべきか、何によって儲けるのかという視点から、会社が進むべき方向や方針を明らかにすることが経営戦略そのものです。例えば5年後に会社がこうありたいという姿を描き、そこに向かって新規事業の開発やマーケティング施策の抜本的な見直し、あるいはM&Aなどといった長期にわたり競争を優位に進めるために重要な意思決定が経営戦略の策定では行われます。

そして、その経営戦略を実行するに当たり、環境分析、経営の方針・戦略の策定、収支目標の設定、行動計画をとりまとめ、会社がとるべき工程や道筋を示したものが経営計画書であり、3年から5年の将来のなりたい姿を表したものが中期経営計画書となります。

「経営戦略・事業計画の策定」に関する主な支援サービスをご紹介します。

➀経営ビジョン・ミッションの策定・社内浸透

自社の経営理念に沿ったビジョンとミッションの策定、社内浸透を図ります。全社員が会社の将来像と社会的使命を理解し、目指す方向とスピード感を常に共有することで、業績目標達成への自律行動を引き出します。

②外部環境分析と内部リソースの分析

事業計画の策定にあたり経営上の制約要因を特定します。経営環境・マーケット・顧客等の外部環境要因、ヒト・モノ・カネ・情報等の内部リソース要因を明らかにし、業績拡大や成長への影響予測を立てます。

③経営戦略・事業計画の策定

環境分析の結果に基づき中期ゴール(規模、領域、時期)を設定します。ゴール到達に向けた基本戦略、具体的な行動計画、必要な経営資源の配分を落とし込んだ利益計画で構成された事業計画書を策定します。

businessplan_161204

PAGE TOP